2015年12月17日

たくさんのありがとう。

「はじめに」

昨日、2015年12月16日深夜1時30分
愛息ぷるのすけが亡くなりました。

9歳とちょうど2ヶ月。
リンパ腫でした。

今年に入ってから今イチ調子が悪く
2月には血尿がでたり
春頃からは下痢がとまらなかったり。

セカンド、サードオピニオンをうけつつ
現在の病院に落ち着き
前立腺が肥大して会陰ヘルニアなどをおこしているということで
8歳にして去勢手術をおこないました。

その際、喉にポリープがあり器官チューブが
2段階も細い物でないと入らず
今後、麻酔をしての手術はしない方がいいという事になり
会陰ヘルニアは手術をせず
下痢の治療に専念することになりました。

しかし、なかなか良くならず
夏の終わり位からは
毎日病院に通い色々検査をしながら
点滴や注射をくりかえしてきました。

病院の先生も色々と治療法を研究してくださり
スタッフの方たちも本当に優しく接してくださいました。

11月に軽い鎮静剤をうって
腸の組織を一部とって病理検査に出した結果
リンパが腸にしみこんでいく
湿潤性リンパ腸炎と診断されました。

免疫抑制剤やステロイドを併用しながら
休診日以外は毎日病院に通う日々。
ぷるのすけは病院でイビキをかいてねれるほど
リラックスして過ごしていたそうです。

12月にはいりしばらくしてぷるのすけの食欲が落ちたころ
血液検査で白血球の異常がみられ
リンパ腫と診断されました。

なので抗がん剤を使いながら治療しようとしていた矢先
ぷるのすけは亡くなりました。
一日で腹水が300ccもたまる状態(体重5キロ)だったので
もう限界をむかえていたようです。

それでもお薬は飲めるし流動食も食べられるようになってきていて
少しは希望がみえてきたと思っていた時の出来事でした。




「ぷるのすけへ」

2007年1月23日、我が家にやってきたぷるのすけさん。

1.JPG


ちょっと毛の薄いちびっ子でしたね。

2度のお引っ越しをしても
すぐに慣れるいい子でしたね。

2.JPG


なにか食べたい時はこんな顔をして
可愛さアピールをする確信犯でしたね。


3.JPG


4.JPG



ちょっとのんびりで鈍臭かったけど
飛行犬も上手にできたね。


5.jpg



今年に入ってからはいろんなお友達が来てくれたね。
パンくん、小梅ちゃん、ねんどくん。
パンくんとは何を話してたのかな。

七夕の日に旅立ったパンくんと今頃会えているかな。


6.jpg


寝起きはかならずストレッチをしてたね。
猫みたいだったよね。


7.jpg


おもちゃはロープが一番好きだったね。
ボールには眼もくれなかったね。
毎日固いロープを噛んでたおかげで
アゴの骨は太ももの骨より太かったよ。


14.jpg


よく手枕をして寝てたね。
病院でもやってみせたんだって?


13.jpg



一番好きな食べ物はお芋だったのかなあ。
甘い物はなんでも好きだった?


12.jpg



去勢手術は大変だったね。



11.jpg


いつのころからか、ちょっと寂しげな表情をするようになったね。



10.jpg


縁側ではなにを物思いにふけってたの?



9.jpg


アタシから2ショット写真をいつもせがまれて
ちょっと嫌そうだったよね?(笑)


8.jpg


珍しい食べ物もたくさん食べたね。
宮崎産の完熟パイナップルやマンゴーも。


16.jpg


男同士、結構仲がよかったよね。


15.jpg


扇風機には必ず基盤のところにアゴをおいてたよね。




ぷるのすけ
我が家に来てくれてありがとう。
笑顔をたくさんありがとう。
笑いもたくさんありがとう。
愛をたくさんありがとう。
ご縁をつないでくれてありがとう。
数えきれないほどのありがとうをありがとう。

そして産まれてきてくれてありがとう。

ニックネーム 沙夜 at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする